大橋会計事務所HOME > トピックス > 雇用促進税制

業務案内

給与収入と給与所得の違い?

概 要

多くの方が支払っている税金の1つに所得税があります。

この所得という言葉ですが、きちんと理解されている方は意外と多くないのではないでしょうか?

例えば。。。


Aさん 給与収入500万円


Bさん 給与所得500万円


さて、この二人のうちより稼いでいるのはどちらでしょうか?

今回は所得の中でも、一番身近な給与所得について説明していきます。


  

所得は利益

収入と所得の関係を簡単に説明すると

収入-経費=所得

となります。



会社でいうところの

売上(もらったお金)-経費(必要に応じて使ったお金)=利益(残ったお金)

と同じ関係というとイメージしやすいでしょうか。


つまり所得とは利益と同じようなものなのです。




給与の経費とは?

それでは、皆さんも受け取られている給与の場合の経費とは、

具体的にどうなるのでしょうか。


まず、収入は給与額そのものになります。

(年収〇〇円、額面で〇〇円といわれるものです)


一方で経費はどうでしょうか。


実は会社の経費とは異なり、実際に支払っていなくても

概算経費(給与所得控除といいます)として

所得税の計算上引いてあるのです。


例えばAさんの場合。。。

収入500万円なので

500万円×20%+54万円=154万円


この154万円が概算経費として収入から差し引かれます。


まとめ

もし興味が湧かれた方は、一度ご自身の経費を計算してみてください。

意外と多く経費になっていると感じませんか?


最後に。。。

Aさんの給与所得は、500万円-154万円=346万円となります。

つまり、給与所得500万円のBさんの方がAさんより稼いでいるのです。

ページ上部へ戻る